サンプルアイチャッチ

説明会で住民説明会だけが紛糾する理由

紛糾を極限まで減らす方法あります。

学校説明会や会社説明会が紛糾するでしょうか?
説明会は、当該テーマを説明し、ご理解いただく場所です。それがなぜ住民という対象が異なるだけで紛糾するのでしょうか。
それは、参加している人の多くが説明テーマに反対する立場の人達だからです。学校説明会や会社説明会がその説明内容に賛同し、プラスの方向でいるのに対し住民説明会では、その事業に反対の立場<マイナスのベクトル>で来ているのです。従って参加者の数は、反対のパワーの大きさを意味します。これが他の説明会との大きな違いです。

参加する人の中には、その事業や関係する何かに、ほころびを探して、あわよくば事業を中止させたい、こう思う方が存在します。
そのような<マイナスのパワー>に参加者多数が協同すると、説明会は、別のものに変化します。
「住民質問会」「事業協議会」等です。
本来、説明会とは主催者側がテーマに沿った説明を行い、不明点に回答する催事です。それがいつの間にか、主客転倒し、住民さんの質問攻めにあう催事や事業を一緒に協議する催事に変化してしまうのです。
なぜこんなことになるのでしょうか。

理由①参加者が反対する人が多いと言う要因
理由②主催者側の準備不足という要因
・説明素材等説明内容の準備不足
・質疑応答の回答の準備不足

このような環境下で開催される説明会になんと無防備で開催する人たちが多いことか。「ぶっつけ本番」などは、その最たる例です。 この場合、もともと穴を探している住民さんの格好の餌食になります。
住民さんが複数で作戦をくんで、事業者の穴を見つけると、説明会は、あっという間に 主客転倒し、事業者がいたたまれない会合に変容します。

理由③経験不足という要因

次なる原因は、経験不足で不慣れだということです。
説明がうまくできても、質疑応答の回答がうまく行かない場合があります。
想定問答集を作成して迎える覚悟で臨んでも、即答の回答は、慣れないと難しいものがあります。そこに矢継ぎ早に他の住民さんからも、類似の質問がチェーン質問されると、回答に窮する場合があります。
そのあとは、「回答もできないなら、再度説明会を開催せよ。」などの要望がはいります。まさに反対する人からすると、好都合なのです。「更にそれを発展させ、たくさんの穴を見つけると、うまく行けば事業をとん挫できるかもしれない。」と考え始めます。
これこそ、反対する人たちの冥利に尽きる負のスパイラルに入ることになります。
ミスや不手際、未回答、これらを積み重ね、たくさんの賛同者を集め、マスコミを動員し、反対運動を拡大化すると、事業は、立ちいかなくなります。

紛糾イメージ

「こんな住民さんを相手に説明会等開催するのは、まっぴらごめん。何とか隠そう、誤魔化す方向で切り抜けよう。」と考える方もいらっしゃるかもしれません。しかし、「隠せず・誤魔化せない」場合は、倍の反発が来ることを予定してください。
現代のような成熟・多様化社会では、なにか、形あるものを作るには、ハードウェアだけの検討では、推進できなくなっています。保育所建設の多大なる反対をご覧ください。事前に地域社会、関係する人たちへの説明と容認が発生します。

以外と簡単な解決法
地域の住民説明に躊躇しているあなた、とっておきの方法があります。
お聞きになったら、コロンブスの卵です。
誠に申し訳ありませんが、この不特定多数がご覧のページで申し上げることは、困難です。
お手数ですが、下記よりお問い合わせください。 このワンクリックが利益と幸福の出発点となります。


初めてでも、住民説明会を上手に乗り切る方法
紛糾を極限まで減らすとっておきの方法